女の人

レーザー治療を成功させよう|シミを除去して自信のある肌へ

快適に治せるように

微笑む女性

シミに対してのレーザー治療の所要時間は年々短くなっており、治療への肉体的、経済的な負担も軽減しています。焼いた後の色素沈着を防ぐために、湿潤法を取っている医療機関が増えてきており、人気を博しているのです。

Read More...

治療法と治療後の注意点

看護師

治療後のケアの仕方

シミ治療をしたあとは、とても肌がデリケートな状態になっています。お手入れを怠ったり、間違った方法でケアをしてしまうと、治療したあとが悪化する恐れがあります。レーザーによるシミ治療のあとは肌が乾燥しやすくなっています。乾燥しやすいと紫外線の影響を受けやすくなるので、UV対策はこまめにする必要があります。ピーリング石鹸やスクラブ入りの洗顔料は肌に刺激になるので当面は控え、低刺激な洗顔料や固形石鹸で洗顔をすることをお勧めします。洗顔をしたあとは保湿効果の高い化粧水をたっぷりとつけ、最後に乳液やクリームを塗って表面をコーティングして潤いを閉じ込めるようにします。マッサージや美顔器もしばらく控えるのが無難です。

肝斑の治療

医療機関で最も普及しているシミ治療がレーザーです。レーザーにも様々な種類があり、シミの大きさや種類ごとに効果のあるレーザーが違います。肝斑に効果があるレーザーマシンが「レーザートーニング」です。レーザートーニングとは、メドライトC6という低出力のレーザーエネルギーを用いて、肝斑の元となるメラニンを消す治療です。通常のレーザーよりも出力が弱いので、周りの皮膚とのコントラストがあまりない薄い肝斑に効果があります。また、肝斑だけではなく、体のあらゆる部分の黒ずみや色素沈着跡を、周りの皮膚を傷めずに消すことができます。肝斑の場合はレーザートーニングとトラネキサム酸の内服治療も併用するとさらに効果的です。

進化し続ける施術

美容整形

シミの治療にはレーザーがよく利用されますが、フラクセル2やフラクショナルCO2はダウンタイムの短い方法として人気があります。新しい施術では肌への影響がより小さくなっており、当日にメイクを行うことも可能です。機器もどんどん進歩しています。

Read More...

強い刺激を与えずに除去

手鏡を見る女の人

シミは、肌が刺激を防ぐために作り出す色素によってできます。強いレーザーで炭化させることで除去できますが、しかし肌の奥深くにあるシミだと、かえって刺激による色素が増えてしまうことがあります。そのため美容外科では、刺激の少ないレーザートーニングで肌に活力を与えるという治療がおこなわれています。

Read More...